室内にいないから大丈夫? | フィラリア予防は必須!小型犬用のハートガードプラスがオススメ

室内にいないから大丈夫?

黄色い薬が溢れている

現在の日本では犬を飼う際、室外飼育ではなく室内飼育が主流になってきています。
特に小型犬の場合、室内で共に生活しても問題ないことが多いため、小型犬を飼っている人のほとんどは室内飼育をしているのではないでしょうか。
ペットに長生きしてもらうためにも有効な室内飼育ですが、室内で犬を飼っている人の中には、室内には蚊もいないからフィラリアの予防はいらないと考えている人もいるのではないでしょうか。

確かに外と違って、室内には蚊はいませんよね。
ですが、窓や扉を開けた際に入り込んでくることは十分に考えられますし、外から入り込んでくる蚊を全て、確実に入らないようにするのは不可能です。
また、室内飼育の場合であってもお散歩は必要なので、外に出たときに蚊に刺されてしまう可能性は十分に考えられます。
ペットショップの中には小型犬に散歩は必要ないと説明するところもあるかもしれませんが、これは大きな間違いで、どんな種類の犬でもお散歩は必要です。
このように、たとえ室内飼育であっても、蚊に刺されてしまう可能性は十分に高いので、フィラリアの予防をしていなかったら気付かない間にフィラリアに感染してしまうかもしれないのです。

室内飼育だから大丈夫なんて油断は禁物です。
今までフィラリア予防について甘く考えてきたという飼い主さんは、小型犬用のハートガードプラスを使って予防をすることをオススメします。
小型犬用のハートガードプラスなら簡単に与えることができるので、犬に薬を与え慣れていない飼い主さんでも安心してペットのフィラリアを予防することができますよ。