有名な犬の予防薬の一つ

手のひらに乗せている

月に一回必ず必要な予防

多くの人を魅了し続けるペットである犬。
一口に犬といってもたくさんの種類がありますが、特に人気なのはやはり小型犬ですよね。
身体が小さく、愛らしい印象が強い小型犬は人間と共に生活していくことを想定されて作られた犬種も多いため、室内で共に暮らしていくにはぴったりな種類です。
そのあまりの可愛らしさに、ついつい自分の子供のように接してしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんな小型犬たちと共に暮らしていくにあたって、月に一回必ずしなければならない予防があります。
それがハートガードプラスのようなフィラリア予防薬を使用したフィラリアの予防です。
現在の日本ではフィラリアの予防をしていないという飼い主さんも増えてきていますが、フィラリアの予防は犬を飼う人たちのマナーであり義務であるといえます。
フィラリアは蚊を中間宿主とするため、フィラリアに感染してしまった犬が一匹でもいると、その血を吸った蚊がフィラリアを運び、健康な犬へフィラリアを感染させてしまうことになります。
今では優秀なペット用の蚊取り線香もあるから大丈夫と考えている人もいるかもしれませんが、蚊取り線香などの忌避効果があるもので蚊を近寄らせなくするのには限界があります。
その限界を超えてしまったときに何の予防もしていない状態だと、大切な家族である小型犬がフィラリアに感染してしまうことになります。
日本でフィラリアを蔓延させないようにするためにも、ハートガードプラスなど小型犬用のフィラリア予防薬を使って、確実に予防していきましょう!

フィラリアは恐ろしい病気

また、最近は犬の飼い方を詳しく調べる前に、衝動的に犬を飼ってしまう人もちらほら見受けられるようになってきています。
犬を飼う際に必要な知識が不足している状態で犬を飼ってしまうと、フィラリアの危険性について詳しくない状態で犬を飼うことになってしまいます。
こういった人たちが見受けられるようになってきたこともあってか、現在の日本では犬を飼っているのにフィラリアの危険性について正しく理解していない人も増えてきています。
フィラリアはよくある犬の病気ではなく、非常に危険な病気であることを理解しましょう。

そもそもフィラリアという病気は、犬の体内に寄生虫が入り込むことによって感染します。
この寄生虫は犬糸状虫という線虫の一種で、蚊の体内である程度成長し、最終的に犬の心臓や、心室から溢れた場合は肺動脈にまで寄生する寄生虫です。
犬糸状虫は蚊が犬を刺した際に、蚊の体内から犬の皮下組織へ移行し、さらに筋肉内、血管というようにどんどん移行していき、最終的に血液の流れに乗って心臓に到達します。
心臓に寄生することから、放置していると命に関わり、最終的に死に至ることもある大変危険な病気なのです。
小型犬用のハートガードプラスを使わないということは、大切なペットであり家族である犬を、フィラリアに感染する危険性の中で生活させてしまうことになります。
ある日突然唐突なお別れを経験しないようにするためにも、しっかりと小型犬用のハートガードプラスを使って予防をしていくことをオススメします。

安全に作られている

でも、フィラリア予防薬は医薬品だし、医薬品はペットの身体に悪影響を与えそうだし……と不安に感じている飼い主さんも、もしかしたらいるかもしれません。
犬や猫といったペットは人間よりも医薬品の影響を受けやすい部分がありますし、医薬品となると副作用も心配になってきますよね。
インターネットにはフィラリア予防薬による副作用の噂なども多く流れているので、余計に心配になってしまうかもしれません。

フィラリア予防薬には安全性が確立された成分が使われており、ペットに投与しても大丈夫であると判断されたものが使われています。
飼い主さんたちに黙って未知の成分が使われているなんてことはありませんし、販売される前に厳しい検査を行い、本当に安全かどうか確かめられてから販売されています。
中でもハートガードプラスは特に安全性が高いと評判で、薬の品質も非常に高く、より多くの飼い主さんたちが安心して使えるように作られています。
気になる副作用も、正しい使い方で使えばほとんどあらわれることはないので、心配する必要はありません。
小型犬用のハートガードプラスを使用して、大切な家族であるペットを確実にフィラリアの魔の手から守ってあげましょう!